「鬼太郎夜話」 水木しげる2017年01月30日

アニメの鬼太郎は正義のヒーローだが、原作的な存在であるこちらの鬼太郎は子どもの姿なのにタバコを吸うし、お金と女性に弱くていい加減なヤツだ。でも地獄に行っても化け物に会っても平気なのがヒーローっぽい。

ストーリーは荒唐無稽で意表を突く展開の怪談話。雑誌「ガロ」連載当時('67~'69)の社会を風刺している。特に念入りにからかわれているのが三島由紀夫で、水木先生は三島由紀夫が何かに取り憑かれていることを見抜いていたとも読める。

「Novel 11、Book 18」 ダーグ・ソールスター(村上春樹訳)2016年11月18日

エリート官僚の人生がだんだん変な方向にそれていって...という話。主人公は自意識過剰の空疎な人格で、エリート官僚にありがちな内面を戯画化しているようにも思える。主人公に共感できないうえ、リアルタイムに描写しているのか過去を振り返っているのか曖昧な語り口の三人称文体が落ち着かない。ずーっと不吉な気分が漂っている。途中で読むのがイヤになり、最後の3割ほどは斜めに読んでしまった。

僕は村上春樹の訳した小説をいろいろ読んだが、面白いと思ったのは「ギャツビー」と「キャッチャー・イン・ザ・ライ」と「ロング・グッドバイ」だけで、つまり古典的名作の新訳だけということになる。それで、村上翻訳本にはもう付き合わないことにしていたのだが、久しぶりにこれはちょっと面白そうだなと思って読んでみたのだが、やっぱりダメだった。

Windows 10 で古いAutocad (LT 2007) を使う方法2016年10月08日

Windows 10の入ったノートPCにAutocad LT 2007をインストールしようとすると、「.NETがありません」というエラーが出る。ググってみると、Windows 10で古いAutocadは使えないという意見ばかりだった。理由は.NET frameworkのバージョンが違うからとのこと。

コントロールパネル>プログラム>Windows の機能の有効化または無効化 というところで、「.NET framework 3.5」のチェックボックスをクリックすると、.NET framework 3.5がダウンロードされる。

その後、インストールをやり直してみると、今度はうまくいった。

そのままアクティベーションしようとするとダメだったが、Webからやるとできた。

そういうわけで、Windows 10で古いAutocadが使えることがわかった。

PC復活の呪文をひとつ覚えた2016年10月02日

仕事で一日中使っているパソコンがフリーズするようになった。電源ボタン長押しで強制シャットダウン→再起動を何度か繰り返す。

セーフモードで立ち上げたり、 システムを復元したり、BIOSセットアップでLoad Optimized Defaultsをやったり、システムディスクのプロパティからディスクのチェックと修復を予約して再起動したり、マザーボードのコイン電池を外して電圧を確認したりしたが、直らない。数分から数十分使っているとフリーズする。

マザーボードの型番を調べて検索してみると、英語だがマニュアルが見つかった。読んでみると、 BIOSセットアップのところでLoad Fail-Safe Defaultsという選択肢の説明があった。性能より安定度を優先した設定のようだ。

パソコンの電源を入れると、ちょうどBIOSセットアップをやれと表示されたので、Load Fail-Safe Defaultsを選択したところ、何とそれでPCが復活した。それ以降1週間、一度もフリーズしていない。

「The Epic」 カマシ・ワシントン2016年09月20日

カマシ・ワシントン本人のテナーにトロンボーンとトランペットを加えた3管が中心のバンドだが、半分ほどの曲では、そこにストリングスや10人以上のコーラスが入って壮大なサウンドになる。

基本はファンクっぽいジャズで、16ビートのフュージョンみたいな曲もあれば、ソウルフルなボーカル曲も何曲かあるし、ドビュッシー「月の光」もやっていてバラエティもある。CD3枚組、17曲3時間弱という量と演奏の密度に圧倒されるが、小難しくて判りにくいような曲は無いので、楽しく聴ける。

「Ruth」 ルス・コレヴァ2016年09月10日

ルス・コレヴァはブルガリア出身のソウル歌手らしい。リチャード・スペイヴンというドラマーが気になったので買った。

サウンドは静かでオシャレな感じのポップ。キーボードのV. Helbersという人が書いている曲もなかなか良い。

リチャード・スペイヴンはバスドラムとスネアの音数が多くて、複雑なリズムパターンをリズムマシンのように叩いている。メロディーから外したリズムを叩いたりするうえに、ミキシングもドラムが一番前なのでややうるさいが、そこが面白い。

「セトウツミ」 此元和津也2016年08月28日

娘が友人から借りてきたマンガ。めっちゃ面白いというので読んでみたら、たしかに面白い。何度も声を出して笑ってしまった。

瀬戸と内海という男子高校生ふたりの暇つぶしの会話がほとんどだが、それがよくできた漫才のように面白い。内容も軽い言葉遊びから人生哲学的な議論まで幅広くて、 「この川で暇をつぶすだけのそんな青春があってもええんちゃうか」というウツミの内心の主張にも頷ける。

この漫画の舞台設定は明示されていないが、背景に描かれている景色は大阪府堺市に実在する。あの川辺は旧市街のザビエル公園の裏にあって、歩いて行ける距離には海(=瀬戸内海)がある。川といっても実は江戸時代以前に作られた環濠の名残りで、水の流れはほとんど感じられない。そのことはハッキリ描かれているわけではないが、瀬戸と内海にとっての停滞した時間感覚を暗示しているような気がする。

読んだ後で思い浮かんだのは、まずジャルジャルの漫才。それから村上春樹の「風の歌を聴け」。「風の歌を聴け」は大学生が暇つぶしの会話をする話で、瀬戸内海に近い川辺のバーが舞台だ。内海がときどき出してくる面白い比喩も村上春樹的だし。

「Wind / Pinball」 村上春樹2016年07月18日

「風の歌を聴け」と「1973年のピンボール」の英訳を1冊にまとめた本。

この2冊の英訳は昔、日本人向けに講談社英語文庫で出たが、すぐに絶版になり、海外向けの英訳が無かったのでレア本になっていた。僕は両方持っていたが、アマゾンでそれぞれ4千円くらいで売れた。新版が出たので、今は2千円代に相場が下がっているようだ。

翻訳は、英語文庫のアルフレッド・バーンバウムと違って、テッド・グーセンという人の新訳。本の最初に村上春樹によるイントロダクションが付いている。ジャズ喫茶をやっていた頃に、神宮球場の外野席で突然小説を書こうと思って、深夜のキッチンテーブルで執筆したという例の有名な話など。

日本語版「風の歌を聴け」の最後に付いている「あとがき」がカットされている。あれは主人公と作者を一体化して虚実の境を曖昧にする面白い仕掛けなのにと思ったが、よく考えると、「風の歌」と「ピンボール」の間にあれが挟まるのはよろしくないね。

久しぶりに読むせいか、英語で読むからか、細部のイメージが記憶と違って新鮮だった。

「Emily's D+Evolution」 エスペランサ2016年03月14日

これは凄い、大傑作。ジャズ、ラテンポップ、ジャズとクラシックの融合、ソウルというスタイルの変遷を経て、今回はロックを取り入れた。ファンクやジャズの要素もあり、シュールなアレンジもありながら、全体としてはポップ。創造的で技術的にも難しいことをやっているのに判りやすく聴かせる、すごい才能だ。

ちなみに、Emilyはエスペランサのミドルネームで、夢に出てきたオルター・エゴ(もう一人の自分)だそうで、D+Evolutionはevolution(進化)とdevolution(退化)をくっつけたもの。

頭痛解消法 (個人の感想です)2015年12月31日

僕は高校生の頃から、頭痛持ちで、だいたい年に10回くらい頭が痛くなる。仕事だとか用事だとかは何とかこなせる程度とはいえ、頭が痛いととにかく何もかもイヤになるし、ややこしいことは考えられない、考えたくもない。

困ったことに、頭痛薬は効かない。常用した挙句に効かなくなったのではなく、20代の頃に初めてバファリンを飲んだときから全く効果がなかった。主成分がアスピリンとかイブプロフェンとかアセトアミノフェンとか違うのを試してみてもダメで、とりあえず夜まで我慢して早めに寝てしまうしかない。ただ、何日も続くことはなく、一晩眠れば治るというのが救いだ。

そういうわけで、40年近く頭痛に悩まされてきたのだけど、半年ほど前に「腕をこすれば頭痛が治る」ということを発見した。前腕部を反対の手で握ってこすると、なぜか頭痛が治ってしまう。夏だったのでむき出しの腕をこすったのだが、秋になって長袖を着た状態で服の上からこすってもOK.、というよりその方が効果が高いような気がする。布でこする方が摩擦が有って良いのかもしれない。つまり乾布摩擦が良いということなんだろうか。

最初は自分でも半信半疑だったが、その後、ちょっと頭が痛くなりかけたら前腕と上腕をゴシゴシとこするようになり、それでちゃんと治る。その結果、この半年で今までのような頭痛には一回もなっていない。

ところで、僕は酒が弱くてビール1缶が適量なのだけど、ビールを飲むとだいたい五分五分の確率で頭が痛くなっていた。それが、この「腕こすり」をやりだしてから、ビールを飲んでも頭が痛くならなくなったのだ。

この発見によって、僕のQOLは15%くらい向上しました。