「Live In Tokyo 2012」 奥田民生2012年06月05日

僕以外の家族はこのツアーの大阪公演に行ったのだが、僕はパスした。前回の岸和田公演の音量が大きすぎて気分が悪くなったし、40過ぎから始まった耳鳴りが悪化しそうな気がするからだ。コンサートに行く代わりにライブ盤を聴いてみる。

奥田民生のバンドはソロデビューから10年ほどDr.StrangeLove+斎藤有太だったが、数年前から小原礼、湊雅史、斎藤有太に代わった。正直なところ、このバンドがあまり好きではない。前のバンドの方が良かった。前のバンドはビートルズ志向で脱力感とユーモア感覚があり、音楽性の幅も広かったが、今のバンドはツェッペリン志向で力んだ感じがあって、どの曲もハードロックっぽくて楽しそうではない。ライブを聴くと、そういう傾向がスタジオ録音よりもハッキリと表れている。

タミオの活動全体を見れば、アコギ弾き語りの「ひとり股旅」とか、ステージ上で一人多重録音をやってみせるレコーディングライブとか、誰よりも幅広いので、バンドでは狭く絞り込んだ音楽性を追求しているのかもしれない。

「Z II」 ユニコーン2011年10月07日

Z」の続編、6曲入りミニアルバム。ユニコーンのコミックバンド的性格を全開している。

「手島いさむ大百科」はギタリスト「てっしー」の自伝的語りを曲にしてしまっている。これは可笑しい。

「レディオ体操」はメロディーがほとんどない奥田民生得意のワンノート・ロック、あるいはお経ソング。プロモーションビデオの人形劇がかわいいが、これはグッチ裕三のハッチポッチステーションの真似かな。

いちばん訳わからんのが「ぶたぶた」だったのだが、イントロはどこかで聞いたことがあると思ったら、ボブ・マーリーの「Redemption Song」だった。その後、豚は豚だから豚語が分かるという歌詞で、ビートルズの「Piggies」を思い出した。そう思って聴けば、曲も明らかに似ている。「Piggies」は金持ち連中を皮肉った歌である。「ぶたぶた」のビデオにも金持ちのイヤミが出てくる。これは「ウォール街占拠運動」にも通じる金持ち批判のプロテストソングなわけだ。でも「こちょこちょこちょこちょ」って何やねん。

「メダカの格好」は童謡「メダカの学校」を下敷きに完全にデモを煽ってる。

「晴天ナリ」はヘイ・ジュードを思わせる雄大な感じの名曲。

面白いアルバムで僕はかなり好きだけど、熱心なファンしか買わないだろうな。

「Z」 ユニコーン2011年06月24日

ユニコーン再結成後2作目。前作よりシンプルなロックで良い。14曲もあるが通して聴いても途中でダレない。相変わらずビートルズっぽかったりディープ・パープルだったり、いろいろ引用があるのも面白い。一番気に入ったのは、何をするのも面倒クサイおっさんが「荒れた心には散歩がええんじゃー」と歌う「手島いさむ物語」。電車で聴いていてひとりで声を出して笑ってしまった。ハードロックに乗せた広島弁が良い。

ユニコーンは昔より再結成後の方が断然良い。特に演奏のまとまり方が全然違う。テレビのインタビューで奥田民生は「昔は『俺が、俺が』だったが、今は『君が、君が』だから」と言っていたが、それがハッキリと音にも表れている。再結成して、昔の曲じゃなくて新しい曲をやり、しかも昔より良くなっているバンドなんて古今東西なかなかいない。

タイトルの「Z」は日本海軍が重要な戦いのときに掲げたZ旗のことだろう。結構気合入れてやってるのだという意思表示だと思う。

「OTRL」 奥田民生2010年08月09日

奥田民生の新譜。なかなか良い曲が揃っている。歌詞もいつもながら面白い。そういう風に普通に聴いてかなり良くできたアルバムなのだが、全ての楽器を一人で演奏していて、しかもライブハウスの観客の前で多重録音したという画期的な作品。奥田民生の曲にはビートルズからの引用が多いが、こういう新しい形式を思い付いて実行してしまうところもビートルズ的だ。

「ひとりカンタビレ」という3時間くらいのライブ1回ごとに1曲ずつ録音していて、そのうちの1回はネットで中継していたので見た。CDの初回版にもダイジェスト映像のDVDが付いている。ここでもちょっとだけ見られる。すごく面白い。時間に制限があるからいろいろ試行錯誤することもできず、多少リズムがおかしくてもそれなりに他の楽器を合わせていく。簡単そうに演奏して、みるみるうちに曲ができあがるのだが、3時間で1曲仕上げるというのは驚異的な技だ。

「ユニコーンツアー2009 蘇る勤労」 DVD2009年08月23日

このバンドの面白いところは、5人とも曲を作って歌うことである。ライブでどうするのかと思ったら、ベースのEBIが歌うときは民生がベース、ドラムの川西が歌うときは民生がドラムを叩いていた。キーボードの阿部がギターを弾くときもある。

民生ソロのライブはややストイックで暗めだったが、ユニコーンは明るく楽しそうだ。僕はユニコーンより民生のファンなので、本当は民生の曲と歌を集中して聴きたいのだが、ユニコーンの方が多様で面白いことも確かだ。

昔のユニコーンはアイデアが先行してギクシャクした感じもあったが、復活後は角が取れて円熟している。新酒と15年物くらい、明らかに違う。インタビューによると、昔はみんな「オレが、オレが」だったのだが、今は「オマエが、オマエが」に変化したらしい。そういう感じがアンサンブルの良さとなって表れている。

昔の曲と新曲を半々くらいに混ぜて演奏しているが、やっぱり昔の曲の方が受けている。特に「大迷惑」「ヒゲとボイン」「すばらしい日々」といった名曲は盛り上がる。復活ユニコーンの代表的名曲はまだ生まれていないようだ。

「シャンブル」 ユニコーン2009年03月05日

昔のユニコーンは面白いバンドだったが、ちょっとアイデアに走り過ぎてまとまりが欠けていたのであまり気に入らなかった。でもこのアルバムはみんな角が取れたのかうまく音が絡み合っている。リズムがゆったりと落ち着いていて良いし、奥田民生ソロ10年の音作り経験が生かされた深みのあるサウンドもとても良い。

ユニコーンは全員が作詞作曲して歌うというビートルズ・アプローチのバンドだ。昔のユニコーンの民生以外の曲は好きではなかったが、今回は他のメンバーの曲も面白い。作曲とヴォーカルが5種類もあるのにアルバムのトータル感があるというのはよく考えると凄いことだ。多様性と全体性が両立したこのアルバムは日本ロック界の金字塔である、と僕は認定します。

最近、洋邦問わずミュージシャンが復活するのがはやっているが、昔の曲で小遣い稼ぎみたいなことをされても全然面白くない。ユニコーンは15曲全部新曲で曲も演奏も昔より進化していてエライ。60歳までやると言っているからこの先も楽しみだ。

奥田民生「FANTASTIC TOUR “AGAIN” 08」 岸和田市立浪切ホール2008年11月28日

奥田民生のライブはビデオ、DVDで大体観ているのだが、一度本物を観ておこうと思い、家族みんなで行った。コンサートなんていうものは15年ぶりくらいである。昔は年に1回くらいは行ったが、子どもが生まれてからは行っていない。

感想を一言でいうと、音がとんでもなくでかい。鈴鹿サーキットのパドックで聞いたレーシングカーのエンジン音ぐらいうるさかった。特にベースとバスドラムは音というより重たい衝撃で、耳じゃなくて心臓に響く。高音は割れてしまっているが、それがスピーカーの限界なのか耳のダイナミックレンジを越えているのかもわからない。

昔ドラムを叩いていたときのことを思い出して、耳にティッシュペーパーを詰めた。ドラムというのは叩いている本人が一番うるさいので、いつもティッシュで耳に栓をしていたのだった。娘にもティッシュの耳栓を渡したが、耳が気持ち悪いといってすぐにはずしてしまった。

民生のヴォーカルの音程がはずれているところがあったような気もするが、何しろ音が大き過ぎて音程なんていうものはよくわからない。なんか滝に打たれているように全身に爆音を浴びる。ロックのコンサートってこういうものなのか。よく考えたら僕が行ったことのあるのはタツローとかビリー・ジョエルとかカシオペアとか、ポップスやフュージョンばかりで、ロックは初体験だったのだった。

イントロや間奏の部分でサイケデリックな変な音を延々と聞かせる曲が何曲かあったが、そのへんは観客があまりついて行けてなかったような気がする。最近の民生は曲がポップになった反面、ポップじゃないものも伝えたがっているようで、何か無言のメッセージを感じた。

曲の合間のしゃべりは例によって言葉少なくだらだらしているが面白い。「世の中は金融危機ですが、知り合いで金融危機の影響を受けている人はいないね」と民生が言うと、ベースの小原礼が「変なことをやった人はいるけど」というようなことを言い、民生が「シー!」と指を口に当てた。もちろん小室容疑者の話だろう。

小室哲哉は飛行機に乗る時にファーストクラスを借り切ったらしいが、「お金なんかはちょっとでいいのだ」という歌詞を書く民生はスタッフと4人で機材を積んだワンボックスカーに乗って全国のライブハウスを回ったりする。今回のツアーもこんな市民会館をコツコツ回っている。日常から遊離していないところが民生の良さである。この日のMCでもぼそっと「普通に生きて、普通に死んで行く」と独り言のようにつぶやいていた。

バリライトの照明は綺麗でなかなか良かった。民生のコンサートでこれだけ派手な演出は無かったんではなかろうか。印象に残った曲は「なんでもっと」。ミディアムテンポのリズムとライティングがマッチして感動的だった。1回目のアンコールが終わったところで、2回目を求める拍手が少しだけ起きたが大半の客は席を立ってしまった。我々も疲れて「もうええわ」状態だったので帰った。

浪切ホールはキャパ1500人だからステージが近くに見えて良い。でも伝統芸能向けのホールなので、コンサート用のシートは桟敷部分に仮設されていて、通路を人が通るとぐらぐら揺れて不快だ。それにしても観客が1曲目から立つのはどうよ。僕は立てたシートに半分腰掛けた状態で聴いていたが疲れた。子どもらは僕より楽しんだようだった。

「Fantastic OT9」 奥田民生2008年01月27日

これは素晴らしい! 奥田民生の最高傑作だ。本人もはっきりそう自覚しているようで、タイトルも「すばらしい奥田民生の9作目」である。何が一番良いかというと曲がポップになったこと。ポップといってもどこかで聞いたことのありそうな曲ではなく、今までどおりオリジナリティを追求しながらポップであるところがエライ。

今までの8作ではいつも「同じ音程が8分音符で2小節くらい続くような単調なメロディ」が出てくる曲が3曲か4曲あった。ボサノバで「ワン・ノート・サンバ」という曲があるが、これはワン・ノート・ロックである。僕の知る限りユニコーンの時にはそういう曲は無い。民生はソロになってから意図的にメロディを単調にしてきたのだ。でも今回はついにワン・ノートのメロディがほとんど無くなった。

歌詞もいつもよりメッセージ性のある曲が多い。奥田民生のメッセージはややシュールだったり両義的だったりして伝わりにくいが、実は同時代的な問題意識にはかなり鋭いものがあると思う。今回はそういう曲がほとんどで、すごく面白い。

という具合に、僕はメロディと歌詞が特に進化していると思ったのだが、雑誌やテレビのインタビューを見ると本人が一番強調しているのはサウンドである。録音の技術で何かを掴んだらしい。何かアナログっぽくてパワフルな音だ。

タミオの曲にはいつも新しい何かがあるので、最初からすんなりとは飲み込めないのだが、聴けば聴くほど良さがわかってくる。今回は特に中身が濃くて、いつもより消化するのに時間がかかる。発売日から10日くらい聴き続けたところでやっと全貌が見えてきた感じがする。ええわー。

「奥田民生・カバーズ」2007年11月30日

これは面白い。いろんなミュージシャンによる民生のカバーが19曲も入っていて充実している。僕の感想は、

☆☆☆(遠回りしてでも聴く価値あり):木村カエラ、斉藤和義、スピッツ、ウルフルズ、PUFFY、HALCALI、井上陽水。

☆☆(まあまあ):B-DASH、GOING UNDER GROUND、サンボマスター、The ピーズ、チャットモンチー、中孝介、ザ・コレクターズ、detroit7、SPARKS GO GO、THEATRE BROOK。

☆(がんばろう):GLAY、DEPAPEPE。

こう整理してみると、奥田民生に人脈的に近い人たちがやはりちゃんと消化できているわけか。

GLAYは僕の好きな「野ばら」をわりと素直にコピーしているなあと思って聴いていたら、この曲の肝であるF#のコードが出てくるところで3度の音を鳴らしていないところが受け入れがたい。ギターソロも気に入らない。

DEPAPEPEはあくまでも自分たちのパターンに嵌め込んでいて、曲に対する愛情が感じられない。

奥田民生のソロの曲はシンプルだから、どの曲もカバーする人の個性がよく出ていると思う。

「ダブル ドライブ」 井上陽水奥田民生2007年04月27日

前作「ショッピング」が出てからもう10年にもなるのか。10年前というと、ちょうど僕がいろいろ悩みつつ「小脳論」を書いた頃で、自分も世の中も結構暗かった。時代状況を反映して「ショッピング」は地味で渋めの曲が多かった。歌詞も日常の世界をややシュールに描いていて、暗い世の中を生き延びることについてさりげなく示唆的だった。

それに較べると今回はかなりポップな曲が多くて、明るくお気楽な感じがする。何曲か女声コーラスも入っている。歌詞は日常生活を離れてヨーロッパやら砂漠やら南の島やら世界各地に飛び、シュールさの度合いもややアップしている。

前作の「アジアの純真」では「これからは中国との関係が重要になるでしょうね」と宣言していたが、今度は「京都に電話して」という曲で「世界中が日本文化に注目してるよね」と陽水さんが言っている(ように僕には聞こえる)。

「アジアのジュンシン」は撥音(ン)を並べた歌詞だったが、「キョウトに電話して」は拗音(ャュョ)を多用している。この2曲の歌詞は言葉の響きを優先した自由連想法で作られていて、どちらもアルバムのメッセージの鍵になる曲である。...ような気がする。

ビートルズ・フォロワーなのは相変わらずで、曲の半分くらいはビートルズっぽいが、他にもいろんな雰囲気の曲を自由にやっている。ジャック・ジョンソンみたいな曲もある。歌詞も相変わらず意味を捉えにくい曲が多いが、よく判らないがゆえに何度も聴きたくなる。サウンドも単純そうで隙がなく、古そうで新鮮。いくら聴いても飽きない、かなり面白いアルバムだと思う。

それにしても「MOKKO」って何? 全然わからん。